ハイパースペクトルカメラ LWIR

製品名称/型番
ハイパースペクトルカメラ LWIR
メーカー名
Spectral Imaging社
類別/応用
ハイパースペクトル分光/ハイパースペクトルカメラ
説明
8~12μm長波長赤外線(LWIR)ハイパースペクトルカメラ。スペクトルカメラは同時に数1 0 ~ 数1 0 0 の波長のハイパースペクトルメイメージを通常の画像イメージデータで得ることができます。これは分光分野において標準的な画像処理技法を利用する新しい可能性を作り出します。カメラのセンサ各ピクセルにイメージとして記録された全スペクトルは物質の分類、特定物質の検出、色の測定、計量化学などのさまざまな分野の応用に利用可能です。

カタログダウンロード

マニュアルダウンロード

マニュアルダウンロード2

マニュアルダウンロード3

ソフトウェアダウンロード

ソフトウェアダウンロード2

ソフトウェアダウンロード3

マニュアル、ソフトウェアのダウンロードには会員登録が必要となります。

製品についてのお問い合わせ

2つのモデルから選択可能

ハイパースペクトルカメラ LWIR HS OWL
波長域 8~12μm
ピクセル(空間軸)×バンド(波長軸) 384x30 384x84
フレームレート 60fps 100fps

 

SPECIM社のスペクトルカメラは工業分野・科学分野におけるマルチスペクトル、ハイパースペクトル応用に高速・高精度のソリューションを提供します。スペクトルカメラはイメージング分光器”ImSpector”とモノクロカメラが一体となったユーザーフレンドリーな高解像度スペクトルカメラです。

一般的なフィルタ技術を基礎としたイメージングシステムに比べてスペクトルカメラは波長解像度、空間解像度が高く、ソフトウェアで任意の波長域のみを選択したり、また、広範囲の波長を短時間で計測することができます。

スペクトルカメラはターゲットの1ラインのイメージをキャプチャし、1ライン毎の波長情報を2次元のCCDセンサで記録します。各ライ応用例オンライン分別、および品質監視ライトソース、およびディスプレイテスト顕微鏡システム近赤外スペクトルイメージング鉱物マッピング食料と植物の研究半導体工業高精度カラー測定ンのスペクトル情報はX軸が位置情報、Y軸が波長情報となります。

この結果、ターゲット各ラインのイメージを取得することにより、ターゲットの全ての波長情報を得ることが可能です。スペクトルカメラ(またはターゲット)を移動させ、連続的にターゲットの1ライン毎の分光を行うことによりターゲット全体の波長データを得ることができます。この技術はターゲットの波長特性を解析する様々な応用技術に利用できます。

スペクトルカメラの最大の利点はターゲットの全スペクトルを1枚のイメージで得られることです。これによりプロセスコントロールや動いている物体のハイパースペクトル、マルチスペクトル測定が可能となります。

ハイパースペクトルカメラ LWIR HS

ハイパースペクトルカメラ LWIR OWL

Specim