Imperx C2880

製品名称/型番
Cheetah C2880
メーカー名
Imperx社
類別/応用
CCD・CMOSカメラ/工業用カメラ
説明

C2880 6メガピクセルカメラには、1インチ光学フォーマットで2832 x 2128のネイティブ解像度を持つOn Semiconductor KAC-06040 CMOSイメージセンサーが組み込まれており1秒あたり最大135フレームを配信します。CameraLink、PoCL、または、USB3Vision(U3V)インターフェースをサポートしています。非常に堅牢なブルーミング抑制と組み合わされた広ダイナミックレンジ技術は、最も過酷な制御されていない照明用途においてさえもきれいな画像を提供します。Cheetahシリーズは、マシンビジョンだけでなく、監視、偵察、航空宇宙及びインテリジェント交通システムを対象とした最初の高性能CMOS製品ラインです。非常に速いフレームレート、低ノイズ、広いダイナミックレンジ、そして、優れた近赤外感度を持っています。非常に柔軟なアーキテクチャで1台のカメラが複数の仕事をすることができます。(例えば、低解像度ビデオカメラと高解像度スチルカメラ)

スマートワイドダイナミックレンジ

各ピクセルの露出を独立して監視し、ピクセルでの光源の強度に基づいて、ユーザーが選択可能な3つの値のうちの1つに設定できます。

マルチフレームキャプチャ&スイッチング

独自の解像度、露出、ゲイン、ダイナミックレンジ、及び、間引きを持つ2つの独立したカメラフレームを設定できます。捕獲オプションと能力を拡張するためにプログラム的、または、外部のトリガーによってフレームを混ぜたり、マッチさせることができます。例えば、高解像度のディテールをキャプチャするようにフレームAを設定し、低解像度のコンテキスト情報についてフレームBを設定することができます。

マニュアルダウンロード

マニュアルダウンロード2

マニュアルダウンロード3

ソフトウェアダウンロード

ソフトウェアダウンロード2

ソフトウェアダウンロード3

マニュアル、ソフトウェアのダウンロードには会員登録が必要となります。

製品についてのお問い合わせ

特徴

  • 超低固定パターンノイズ
  • 優れたブルーミング抑制
  • 拡張ダイナミックレンジ(WDR)、100dB(typ)GS、最大3ニーポイント、区分線形
  • デュアルビデオ機能
  • フレーム間のシームレスな切り替え – 手動、自動、またはトリガー
  • 選択可能なトリガソース
  • サブサンプリング、ピクセル平均
  • 関心領域
  • アナログ及びデジタルのゲインとオフセット制御
  • 内蔵パルス生成

 

仕様

特徴 仕様
解像度 2832 x 2128(6 MP)
センサー KAC-06040、カラーまたはモノクロ
センサーフォーマット 1光学フォーマット
ピクセルサイズ 4.7 x 4.7ミクロン
フレームレート 129 fps(CL)、55 fps(U3V)
デジタル化 10または12ビット
シャッター グローバルシャッター(GS)、ローリングシャッター(RS)
ダイナミックレンジ 74 dB(RS)、57 dB(GS)
AEC / AGC オプション
露出制御 オフ、内部、外部
関心領域(ROI) 1 ROI
デュアルビデオ 2独立取得フレーム:フレームAとフレームB
フレームA / B設定 各フレームの独立制御:解像度、ゲイン、オフセット、ピクセル平均、サブサンプリング、AOI、WDR
外部入力/出力 2 IN(OPTO、LVTTL)/ 2 OUT(OPTO、TTL)
寸法 72.0 mm × 72.0 mm × 33.5 mm
重量 385 g(CL)、370 g(U3 V)
電源 12V DC(5 V〜30 V)、0.46 A
環境 動作環境:-40℃〜+ 85℃
保管環境:- 50℃〜+ 90℃
MTBF  40℃で> 323,000時間(Telcordia SR-332方法1)

波長感度特性グラフ