Imperx C3210

製品名称/型番
Cheetah C3210
メーカー名
Imperx社
類別/応用
CCD・CMOSカメラ/工業用カメラ
説明
C3210は、産業、科学、医療、航空宇宙、輸送、その他の用途に最適なコンパクト設計の最も技術的に高度で堅牢なプログレッシブスキャンデジタルカメラです。システムの複雑さを軽減し、インターフェースの帯域幅を最大化し、使用可能な動作範囲を拡大するように調整された多数の独自機能を組み込んでいます。1.1インチ光学フォーマットでネイティブ解像度3216 x 2208のSony Pregius IMX428グローバルシャッターCMOSイメージセンサーを搭載しGigEVisionPower over Ethernet出力で毎秒最大16フレームを実現します。CMOS技術は、制御されていない照明用途における超高輝度及び鏡面反射の領域からスミアコラムを排除します。優れた感度、高速フレームレート、並外れたダイナミックレンジを持ち、ストロボ出力、トリガ入力、自動露出、複数のLUTによる自動ゲイン制御、その他の優れた高機能をサポートしています。Cheetahシリーズは、優れた画質を提供し、修正なしでImperxの生データへのフルアクセスができます。シンプルで直感的なGenICamTM準拠のユーザーインターフェースを使用して、必要に応じて素早く画像補正を適用することができます。

マニュアルダウンロード

マニュアルダウンロード2

マニュアルダウンロード3

ソフトウェアダウンロード

ソフトウェアダウンロード2

ソフトウェアダウンロード3

マニュアル、ソフトウェアのダウンロードには会員登録が必要となります。

製品についてのお問い合わせ

特徴

  • コンパクト設計
  • 高耐久性
  • グローバルシャッター
  • 高速フレームレート
  • 広いダイナミックレンジ
  • 優れた感度
  • Power over Ethernetインタフェースを備えたGigEVision
  • カラーかモノクロで利用可
  • 超低固定パターンノイズ
  • 優れたブルーミング抑制
  • 自動露出とゲインコントロール(AEC / AGC)
  • 自動及び手動ホワイトバランス
  • 内部/外部露光制御
  • プログラム可能な長時間露光モード
  • プログラム可能なトリガ
  • プログラム可能ストロボ
  • プログラム可能なルックアップテーブル
  • 欠陥画素補正、ホット画素補正、フラットフィールド補正
  • 動的伝達関数とガンマ補正
  • 多数のトリガーモード
  • 空中マッピングツール
  • フィールドアップグレード可能ファームウェア

 

仕様

特徴 仕様
解像度 3216 x 2208(7.1 MP)
センサー Sony Pregius IMX428 CMOSカラー/モノ
センサーサイズ 1.1 “光学フォーマット
ピクセルサイズ 4.5ミクロン平方
インターフェース Power over Ethernet(PoE)付きGigEVision
フレームレート 16 fps(8ビット)、8 fps(10ビット/ 12ビットアンパック)、10 fps(10ビット/ 12ビットパック)
出力ビット深度 8ビット、10ビット、12ビット
センサーデジタル化 12ビット
シャッター グローバルシャッター(GS)
シャッター速度 1 μs / step、5
μs-16 s
ダイナミックレンジ 77dB
アナログ/デジタルゲインコントロール 手動、自動: 0 dB-48 dB、480ステップ
デジタルゲイン 0.001倍の精度で1倍(0dB)から4倍(12dB)
デジタルオフセット -512~+ 511、1ステップずつ
AEC / AGC はい
露光制御 オフ、手動、外部、自動
関心領域(ROI) 2 ROI
トリガ入力 外部、パルス発生器、ソフトウェア
トリガーオプション エッジ、パルス幅、トリガフィルタ、トリガ遅延、デバウンス
トリガモード フリーラン、標準、高速
外部入力/出力 2 IN(OPTO、LVTTL)/ 2 OUT(OPTO、TTL)
レンズマウント Cマウント(デフォルト)
寸法 37.0 mm(W)x 37.0 mm(H)x 61.5 mm(L)
重量 ~100 g
パワー 12 V DC(6 V-30 V)、1.5 A突入
環境

動作環境:-30℃~+ 75℃

保管環境:-40℃~+ 85℃

振動、衝撃 20G / 100G
規制 FCCパート15クラスA、CE、RoH

波長感度特性グラフ