IOI Flare 12MP Features

製品名称/型番
Flare 12MP
メーカー名
IO Industries社
類別/応用
CCD・CMOSカメラ/工業用カメラ
説明
Flare™12MPシリーズは、高度なCMOSイメージセンサーで設計された産業用ビデオカメラファミリーの一部です。これらのセンサーは、ピクセル数が多く、12メガピクセルの解像度で非常に詳細な画像を生成します。また、このセンサーは非常に高速な読み出しを特長としており、フレームレートが毎秒数百フレームになります。調整可能な関心領域の設定とサブサンプリング機能により、はるかに高いフレームレートで低解像度の出力フォーマットが可能になります。この柔軟性により、Flareシリーズは、高速モーション解析から自動光学検査システムなどに至るまでのアプリケーションで効果的です。

カタログダウンロード

マニュアルダウンロード

マニュアルダウンロード2

マニュアルダウンロード3

ソフトウェアダウンロード

ソフトウェアダウンロード2

ソフトウェアダウンロード3

マニュアル、ソフトウェアのダウンロードには会員登録が必要となります。

製品についてのお問い合わせ

Flare12MPの機能

 

http://www.ioindustries.com/feature1_12m.png

高解像度と高フレームレート

Flare™12MPシリーズは、先進のCMOSイメージセンサーを使用して設計された、当社の産業用ビデオカメラファミリーの一部です。これらのセンサーは、高画素数を特徴とし、12メガピクセルの解像度で非常に詳細な画像を生成します。同様に、このセンサーは非常に速い読み出しを特徴とし、毎秒数百フレームのフレームレートを可能にします。調整可能な注目画像領域の設定とサブサンプリング機能により、はるかに高いフレームレートで低解像度の出力フォーマットが可能になります。この柔軟性により、Flareシリーズは高速モーション分析から自動光学検査システムなどに至るまでのアプリケーションに効果的です。

 

 

 

 

グローバルシャッターセンサー

Flare 12MPカメラで使用されているCMOSセンサーは、パイプライン方式のグローバルシャッターテクノロジを採用しています。パイプライン化は前のフレームの読み出し中にセンサがフレームを露光することを可能にするが、この特徴のないセンサは非常に短い露光時間を使用しなければならないか、そうでなければ速いフレームレートを達成できない。グローバル電子シャッタは、フレーム内の各画素を同時に露光する。それとは対照的にローリングシャッタ設計は、画素行を順次露光する。後者の方法では、露光期間中に明るいフラッシュが発生すると、モーションアーチファクトや不均一なフレーム照明が発生します。

http://www.ioindustries.com/feature2_12M.png

 

 

 

http://www.ioindustries.com/wpimages/wp06c790dc_06.png

高速デジタルビデオ出力

毎秒数百メガバイト、数千メガバイトにも及ぶかもしれないビデオデータを生成するセンサーで、Flare12MPカメラを使用するシステムは、この一連の情報にアクセスする方法が必要です。そのため、カメラは、標準化されており、確立されているCameraLinkまたはCoaXPressのどちらかの出力で利用できます。システム設計者は、PCフレームグラバーカード、ケーブル、光ファイバーレンジエクステンダ、そしてもちろんDVRExpress Core 2などの非圧縮ソリッドステートビデオレコーディングシステムを含む、幅広いCameraLink及び、CoaXPressインフラストラクチャパーツを選択できます。

 

 

 

低消費電力、低発熱、低ノイズ

Flare 12MPは、最高の画質を念頭に置いて設計されています。画質に最も影響を与える要因の1つはノイズです。これはさまざまな方法で発生する可能性があります。ノイズの主な要因の1つは、センサーの温度です。画像ノイズに対する温度の影響を最小限に抑えるために、Flare12MPカメラは低電力の電子機器と効果的なパッシブ冷却を使用して設計されています。12MPモデルの場合、全体の消費電力は、8W以下で、発生した熱のほとんどは、内蔵電子機器へのヒートシンクとして機能する全アルミニウム製のシャーシを通して周囲の空気に対流的に放散されます。

http://www.ioindustries.com/feature4_12M.png

 

 

 

http://www.ioindustries.com/feaeture5.png

近赤外感度が高い

Flare 12MPカメラは、モノクロ、カラー(ベイヤー)、NIR強化モノクロの3種類のセンサーで注文できます。このバージョンのセンサーは、標準のモノクロセンサーと同じフレームレート機能を備えていますが、NIR感度を高めるために、より厚いエピタキシャル層で製造されていて、具体的には、900nmでは量子効率(QE)が標準のモノクロームセンサーの8%から16%に倍増します。QEは、シリコンベースのセンサーの能力のために1000nmを超えると制限されますが、600-1000nmの範囲のアプリケーションではこれらのセンサーは高解像度と高フレームレートに加えて良好な感度を提供します。