IOI DVR Express Core

製品名称/型番
DVR Express Core
メーカー名
IO Industries社
類別/応用
画像記録装置
説明
DVR Express Coreは4種類のラインナップがございます。
  • DVR Express® Core 3G-SDI In/Out
  • DVR Express® Core GigE Vision
  • DVR Express® Core NTSC / PAL
  • DVR Express® Core Standalone

カタログダウンロード

カタログダウンロード2

マニュアルダウンロード

マニュアルダウンロード2

マニュアルダウンロード3

ソフトウェアダウンロード

ソフトウェアダウンロード2

ソフトウェアダウンロード3

マニュアル、ソフトウェアのダウンロードには会員登録が必要となります。

製品についてのお問い合わせ

仕様

 

DVRエクスプレスコアモデル

http://www.ioindustries.com/3GSDI_Plate.png
DVR ExpressCore 3G-SDI In/Out
  • 3G / HD-SDI入力×2と出力×2
  • SMPTE: 259, 260, 274, 295, 296, 372, 425, 428
  •  含む: 1080p, 1080i, 720p, 2K and RAW
  • 埋め込みオーディオとメタデータも記録
http://www.ioindustries.com/GigE_Plate.png
DVR ExpressCore GigE Vision
  • GigE Vision 入力×2
  • GenICamカメラをフルサポート
  • カメラを直接またはスイッチを介して接続する
  • マルチキャストモードでカメラをサポート
http://www.ioindustries.com/NTSC_Plate.png
DVR ExpressCore NTSC / PAL
  • アナログコンポジット入力×4
  • NTSC and PAL フォーマットをサポート
  • Sビデオ入力×4でも利用可能
http://www.ioindustries.com/CLStandalone_Plate.png
DVR ExpressCore Standalone
  • Camera Link、3G / HDSDIに対応
  • CoaXPressとNTSC / PALモデル
  • DVI / HDMIモニタ出力×1
  • KB /マウス/その他用USB×2
  • リモートコントロール用のGigEポート×1

 

 

全モデルの特長

 

リモートコンピュータへの接続: 3Gb eSATA

 

トリガー入出力: 双方向TTL回線×6、LVDS入出力×2

 

タイムスタンプ: 記録されたすべてのフレームはハードウェアタイムコードジェネレータによってタイムスタンプされます。

 

同期: タイムコードジェネレータは、外部のIRIG、GPS、またはその他の外部クロックに同期させることができます。

(受信機モジュールは含まれていません。)

 

制御ソフトウェア: CoreView, Core SDK, Streams 5 (Windows XP/Vista/7 – 32/64ビット)

 

 

ストレージ

  • 取り外し可能なクワッドパックドライブシャトル

  • 最大4台の2.5インチソリッドステートSATAドライブ

  • RAID(レベル0、1、0 + 1、3)

 

メカニカル

 

寸法:325 x 165 x 52 mm (12.8 x 6.5 x 2”)

 

重量:1.4 kg* (3.1 lbs)

 

ケース:ブラック、アルミ

 

パワー:14-34V DC, < 35W*

*モデルと保管場所による

 

 

オプション

 

AC電源アダプター

DVR Express Core用電源

  • NA / EU / UKアウトレットケーブルから選択

注:CoaXPressモデルには高電圧バージョンが必要です。

P/N: COREPWR[xx]

http://www.ioindustries.com/COREPWRNA.png

 

取り外し可能なSOLID-STATEミディア

DVR Express Core用のソリッドステートストレージモジュール

  • 信頼性の高いパフォーマンス機能を備えた高耐久性
  • 容量:240GB、480GB、960GB、1920GB、および3840GB
  • 取り外し可能なシャトル(別売)に取り付ける必要があります。

P/N: VIDIOMOD[###]

http://www.ioindustries.com/vidiodrive.png

 

取り外し可能なシャトル

DVR Express Core用のempty VIDIOMODシャトル

  • 最大4つのVidIOドライブモジュール(別売)を取り付け可能
  • DVRとダウンロードモジュール間でシャトルを簡単に交換

P/N: CORESHUTTLE

http://www.ioindustries.com/shuttle.png

 

ダウンロードモジュールキット

DVR Express Core用のダウンロードモジュールキット

  • リモートワークステーションでの高速ビデオファイルのエクスポートを可能にします。

以下を含む:

  • ダウンロードモジュールw空のドライブシャトル
  • 電源
  • 高速アダプタカード(PCIe x 8)
  • 高速インタフェースケーブル(1m)
  • デュアルシャトルキットも利用可能(P / N COREDMKIT 8

PN:COREDMKIT4

http://www.ioindustries.com/DMSKIT.png

Learn more

 

ケーブル

DVR Express Core用の補助I / Oブレークアウトケーブル

  • BNCコネクタを介して最大6つのTTL信号を簡単に接続
  • 複数のCore DVRの同期や外部トリガー信号ソースとのインターフェースに便利
  • BNCカプラ×2を含む

P/N: CABCORETRIG

http://www.ioindustries.com/CABCORETRIG.png

 

ESATAケーブルアンカー

eSATAのStrain Reliefは、DVR Express Coreの接続をサポート

  • eSATAケーブルをDVRに固定し、偶発的な切断を防止するために使用されます。

P/N:COREANCHOR

http://www.ioindustries.com/COREANCHOR_1000x1000.png

 

取り付けキット

DVR Express Core用取り付けキット

以下を含む:

  • 4xフランジマウントブラケット
  • 2xCore デバイスをバインドするためのブレース
  • 2x1 / 4-20ネジ付きマウンティングプレート
  • キャリングハンドル

P/N: COREMOUNT

http://www.ioindustries.com/COREMOUNT1.png


Learn more

 

HBAカード

マルチチャンネルPCIe HBAカード

  • PCIeスロットを介して最大8個のCore DVRを接続
  • 2x SFF-8088 コネクタ(CABEXSATA [x] Mケーブルと使用)
  • PCIe Gen2 x 8スロットに取り付け

P/N:COREDMHBA8

http://www.ioindustries.com/COREDMHBA8.png

マルチチャンネルPCIe HBAカード

  • PCIeスロットを介して最大16台のCore DVRを接続
  • 4xSFF-8088コネクタ(CABEXSATA [x] Mケーブルと使用)
  • PCIe Gen2 x 8スロットに取り付け

P/N:COREDMHBA16

http://www.ioindustries.com/COREDMHBA16.png

 

ケーブル

複数のDVR Express CoreをCOREDMHBAに接続するためのファンアウトケーブル

  • SFF-8088~ 4x eSATA
  • 1mまたは2mの長さで入手可能

P/N:CABEXSATA[x]M

http://www.ioindustries.com/CABXSATA1M.png

DVR Express Core用のUSB 3.0からeSATAへのホスト接続ケーブル

  • eSATAポートのないPC用の高速プラグアンドプレイアダプタ

P/N:CABCOREUSB3

http://www.ioindustries.com/USB3S2ESATA.png