Goldeye G-008 SWIR TEC1

製品名称/型番
GoldeyeG-008Cool TEC1
メーカー名
Allied Vision Technologies社
類別/応用
近赤外(SWIR)カメラ
説明
Goldeye G-008は、GigEVisionインターフェースを搭載した最速1/4-VGA解像度の短波赤外線カメラ(SWIR)です。フル解像度で最大344fpsのフレームレートで、多用途の分野に対応でき、プロセスを大幅にスピードアップできます。その非常に手頃な価格のおかげで、低解像度で十分な多くのコスト重視のアプリケーションには、カメラの優れた性能から利益を得ることができます。カメラをシステムに統合するための時間と費用を節約します。小型のフォームファクタと複数の取り付けオプションにより、カメラをコンパクトなシステム設計に簡単に適合させることができます。更に、Power over Ethernet(PoE)、及び、包括的なI / O制御オプションを含む標準化されたGigE Visionインタフェースは、ソフトウェアソリューションへの接続と他のシステムコンポーネントとの同期を簡素化します。統合された熱電センサー冷却、及び、いくつかのオンボード画像補正機能は、Goldeyeの優れた画像品質に貢献しています。

マニュアルダウンロード

マニュアルダウンロード2

マニュアルダウンロード3

ソフトウェアダウンロード

ソフトウェアダウンロード2

ソフトウェアダウンロード3

マニュアル、ソフトウェアのダウンロードには会員登録が必要となります。

製品についてのお問い合わせ

  Goldeye G-008 SWIR TEC1
  • 手ごろな価格のGigE Vision InGaAs SWIRカメラ
  • QVGAの解像度
  • パワーオーバーイーサネット
  • コンパクトな工業デザイン、ファンなし

メリットと機能

  • コンパクトな産業用デザイン
  • フル解像度で最大344 fps
  •  PoE +とのGigE Visionインターフェース
  • 包括的なI / O制御オプション
  • 自動オンボード画像補正
  • 安定したセンサー冷却、ファンなし
  • 拡張動作温度範囲

オプション

  • Cマウント、Fマウント、M42マウントで利用可能。

 

仕様

インターフェイス IEEE 802.3 1000BASE-T、IEEE 802.3af(PoE)
解像度 320(H)×256(V)
センサー InGaAs FPA 320×256
センサータイプ InGaAs
センサーサイズ 非標準サイズ:9.6mm×7.68mm、対角:12.29mm
ピクセルサイズ 30μm×30μm
レンズマウント(標準搭載) Cマウント、Fマウント、M42マウント
フレームレート(フル解像度) 344 fps
ADC 14ビット
画像バッファ(RAM) 256メガバイト

撮影性能
ダークノイズ 420eˉ(ゲイン0)、170eˉ(ゲイン1)
飽和電荷量 2.5Meˉ(ゲイン0)、170keˉ(ゲイン1)
ダイナミックレンジ 75 dB(ゲイン0)、60 dB(ゲイン1)

出力
ビット深度 8 – 14ビット
ビデオフォーマット(モノ) Mono8、Mono12、Mono12パック、Mono14

汎用入出力(GPIO)
TTL I / O LVTTL I / O:1入力、1出力
光絶縁I / O 1入力、2出力
RS232 115 200ボー、8N1(調整可能)

動作条件/寸法
動作温度 -20°C〜+ 55°C(ケース)
所要電力(DC) 10.8 V〜30.0 VまたはPoE経由
消費電力 10.8 W(@ 12 VDC)、<12.95 W(@ PoE)
質量 340 g(Cマウントアダプター付き)
ボディ寸法(mm×L×W×H) 78×55×55
規則 CE:2014/30 / EU(EMC)、2011/65 / EU、改正2015/863 / EU(RoHS);
FCCクラスB含む。

 

機能

IR固有の機能(カメラとセンサー)

  • 統合補正データセット、センサーの不均一性およびその下にある構造の補正(不均一性補正 – NUC)
  • 欠陥画素補正
  • バックグラウンド補正
  • TEC機能による自動および手動センサー温度管理
  • 温度ステータスインジケータ
  • 気温特有のイベント

一般的な機能

  • 自動露光時間コントロール
  • ゲイン(アナログ)
  • 入出力構成とトリガー制御
  • ストリームホールド(遅延画像出力)
  • 保存可能なユーザーセット
  • 現場でのファームウェアアップデート
  • 関心領域(ROI)制御、ルックアップテーブル(LUT)サポート、およびさまざまな自動機能

GoldeyeカメラはAllied VisionのVimba SDKに対応しています。AcquireControlソフトウェアと組み合わせて、広範な画像解析機能が利用可能です。

  • いくつかのカラープロファイルを持つ擬似色LUT
  • オートコントラスト
  • 自動明度
  • 画像内の複数の領域(長方形、円形)を分析
  • リアルタイム統計とヒストグラム表示

アプリケーション

GoldeyeカメラはSWIRスペクトル領域において非常に感度がよく、広い使用温度範囲で使用できます。温度安定化と統合された画像補正のおかげで、少ないノイズと広いダイナミックレンジで優れた画質を実現します。これらはさまざまな業界の多くの典型的なSWIRアプリケーションに最適です。

  • 半導体産業:太陽電池およびチップ検査
  • リサイクル業:プラスチックの選別
  • 医用イメージング、科学:ハイパースペクトルイメージング、顕微鏡、OCT
  • 金属およびガラス産業:高温物体のサーマルイメージング(250°C〜800°C)
  • 農業産業:空中リモートセンシング
  • 印刷業界:紙幣検査
  • エレクトロニクス産業:レーザービームプロファイリング
  • 監視とセキュリティ:視力強化(霧や暗視など)

ホワイトペーパー
SWIRカメラの一般的なアプリケーション分野の詳細については、ホワイトペーパーをダウンロードしてください。可視域を超えて見る –
短波赤外線(SWIR)カメラはマシンビジョンに新しい応用分野を提供します。

 

量子効率

https://cdn.alliedvision.com/fileadmin/content/images/cameras/Goldeye_2/sensor_graph/Goldeye_G-008_Sensitivity_01.png


C-マウント


F-マウント


M42-マウント