DIAS Infrared社製ガラス産業向け赤外線カメラおよびパイロメータ(高温計)

製品名称/型番
メーカー名
DIAS Infrared社製
類別/応用
ガラス産業向け各種赤外線カメラおよびパイロメータ
説明
ガラス産業の製造現場では、温度の測定はプロセス管理やエネルギー管理や品質管理に非常に重要な要素になります。また溶融プロセスの最適化、原材料の品質改善、最終製品の品質改善、耐火壁の寿命を延ばすや耐火壁の亀裂や穿孔に起因する危険の認識にも温度測定は欠かせません。DIAS Infrared社では、フロートガラス、コンテナガラス、ガラスボトル、光ファイバーガラスといった様々なガラス製品に対して最適な赤外線ラインカメラ(PYROLINEシリーズ)、赤外線カメラ(PYROVIEWシリーズ)おぴびパイロメータ(PYROSPOT)を用意しています。各々の機種の測定温度範囲は異なりますが、これらのシリーズ全体では、-40℃から3000℃までの範囲をカバーしています。生産される製品に必要な各種製品をお選びいただけます。

カタログダウンロード

マニュアルダウンロード

マニュアルダウンロード2

マニュアルダウンロード3

ソフトウェアダウンロード

ソフトウェアダウンロード2

ソフトウェアダウンロード3

マニュアル、ソフトウェアのダウンロードには会員登録が必要となります。

製品についてのお問い合わせ

ガラス産業向け赤外線ラインカメラ(PYROLINE)、赤外線カメラ(PYROVIEW)およびパイロメータ(高温計:PYROSPOT)ラインアップ: