IOI Flare 48MP

製品名称/型番
Flare 48MP
メーカー名
IO Industries社
類別/応用
CCD・CMOSカメラ/工業用カメラ
説明
Flare 48MPは48メガピクセルの高解像度(7920×6004画素)でありながらフレームレート:30.9fpsで撮影が可能なグローバルシャッタタイプのCMOSカメラです。

カタログダウンロード

マニュアルダウンロード

マニュアルダウンロード2

マニュアルダウンロード3

ソフトウェアダウンロード

ソフトウェアダウンロード2

ソフトウェアダウンロード3

製品についてのお問い合わせ

Flare48MP機能

 

http://www.ioindustries.com/feature1_12m.png

高解像度と高フレームレート

48MPシリーズは、先進のCMOSイメージセンサーを考慮して設計された当社の工業用ビデオカメラのファミリーの一部です。全く新しいCMV50000センサーは、高いピクセル数を特徴とし、7920 x 6004の解像度で非常に詳細な画像を生成します。同様に、このセンサーは非常に速い読み出しを特徴とし、毎秒30フレームまでのフレームレートを可能にします。複数の関心領域設定(最大10ウィンドウ)では、はるかに高いフレームレートで低解像度の出力フォーマットが可能です。この柔軟性により、Flareシリーズは、自動光学検査システム、宇宙打ち上げイメージング、広域監視などの用途に効果的です。

 

 

 

 

グローバルシャッターセンサー

Flare 48MPカメラで使用されているCMV50000センサーは、パイプライン方式のグローバルシャッターテクノロジを採用しています。パイプライン化は前のフレームの読み出し中にセンサがフレームを露光することを可能にするが、一方、この特徴を持たないセンサは非常に短い露光時間を使用しなければならないか、そうでなければ速いフレームレートを達成できない。グローバル電子シャッタは、フレーム内の各画素を同時に露光する。それとは対照的にローリングシャッタ設計は、画素行を順次露光する。後者の方法では、露光期間中に明るいフラッシュが発生すると、モーションアーチファクトや不均一なフレーム照明が発生します。

http://ioindustries.com/feature250mp.png

 

 

 

http://www.ioindustries.com/wpimages/wp06c790dc_06.png

高速デジタルビデオ出力

毎秒数百メガバイト、数千メガバイトにも及ぶかもしれないビデオデータを生成するセンサーで、Flare48MPカメラを使用するシステムは、この一連の情報にアクセスする方法が必要です。そのため、カメラは、標準化されており、確立されているCameraLinkまたはCoaXPressのどちらかの出力で利用できます。システム設計者は、PCフレームグラバーカード、ケーブル、光ファイバーレンジエクステンダ、そしてもちろんDVRExpressCore2などの非圧縮ソリッドステートビデオレコーディングシステムを含む、幅広いCoaXPressインフラストラクチャパーツを選択できます。

 

 

 

低消費電力、低発熱、低ノイズ

Flare 48MPは、最高の画質を念頭に置いて設計されています。画質に最も影響を与える要因の1つはノイズです。これはさまざまな方法で発生する可能性があります。ノイズの主な要因の1つはセンサーの温度です。画像ノイズに対する温度の影響を最小限に抑えるために、Flare48MPカメラは、低消費電力の電子機器と効果的なパッシブ冷却を使用して設計されています。48MPモデルでは、全体の消費電力は、7.5W以下で、発生した熱のほとんどは、内蔵電子機器のヒートシンクとして機能する全アルミ製のシャーシを通して周囲の空気に対流的に放散されます。

http://www.ioindustries.com/feature4_12M.png

 

 

 

http://ioindustries.com/feature5_50mp.png

マルチレンズマウントオプション

カメラシステム用のレンズを選択することは、カメラや他の不可欠なシステムコンポーネントを選択することと同じくらい複雑になる可能性があります。幸い、35mmフルフレームセンサーを搭載したFlare48MPシリーズは、現在販売されている多くの市販レンズタイプとよくマッチします。このような高解像度の他のセンサーは、一般的な35mmフルフレームサイズを超えることが多く、レンズの選択は高価な大型フォーマットの選択肢に限定されます。柔軟性を確保するために、Flare48MPシリーズは、NikonF、CanonEF、M58 x 0.75など、さまざまなレンズマウントオプションを使用できます。 アプリケーションに基づく推奨事項については、お問い合わせください。

 

仕様は予告なしに変更されることがあります。