Alvium 1500 C-500

製品名称/型番
Alvium 1500 C-500
メーカー名
Allied Vision Technologies社
類別/応用
説明
AR0521センサーを備えた組み込みビジョンCSI-2カメラ。Alvium CSI-2カメラを使用すると、組み込みアプリケーション向けの新しい設計が可能になり、ホストの画質が向上し、作業負荷が軽減されます。革新的なALVIUMシステムオンチップ(SoC)は、組み込みボードの代わりにカメラに搭載された画像補正および前処理タスクを実行します。マシンビジョンカメラで一般的に使用されるFPGAとは異なり、ALVIUM SoCは非常に電力効率が高くなっています。 Alviumを使用すると、ハードウェアとソフトウェアを簡単に統合でき、最終的に開発時間を短縮できます。 ON Semiconductor AR0521 CMOSセンサーは、5.1メガピクセルで高品質のイメージングを可能にします。カラーモデルにはIRカットフィルターが付属し、モノクロモデルにはフィルターまたは保護ガラスが付属していません。

マニュアルダウンロード

マニュアルダウンロード2

マニュアルダウンロード3

ソフトウェアダウンロード

ソフトウェアダウンロード2

ソフトウェアダウンロード3

マニュアル、ソフトウェアのダウンロードには会員登録が必要となります。

製品についてのお問い合わせ

  • AR0521 CMOSセンサー
  • アルビウム画像処理
  • MIPI CSI-2インターフェイス
  • さまざまなハードウェアオプション

 

利点と機能

  • モノクロ(1500 C-500m)およびカラー(1500 C-500c)モデル
  • オンボード画像処理用のALVIUMテクノロジー
  • 最大4レーンのMIPI CSI-2インターフェイス
  • 共通のソフトウェアで異なるAlviumカメラモデルの操作を可能にするプラットフォームコンセプト
  • Hirose HR FHH55 FPCコネクタは、コンパクトな設計のための最小スペース要件を備えています
  • センサーとレンズの正確なマウント調整
  • 上下取り付け用の標準M3取り付け穴、前面取り付け用の標準M2取り付け穴
  • 組み込みビジョンアプリケーションの産業性能
  • 簡単にインストールできるドライバーとコード例


ハードウェアオプション

  • ハウジング:Alvium 1500 Cカメラは、ベアボードまたはオープンハウジングカメラとして利用できます。
  • さまざまなレンズマウント:Sマウント、CSマウント、またはCマウントから選択します。

製品コード、技術図面や質量などの技術データなど、ハードウェアオプションの詳細については、Alvium Cameras Hardware Optionsドキュメントを参照してください。


利用可能なアクセサリー

  • 三脚アダプター
  • Nitrogen6_MAXおよびWandboard i.MX6用のアダプターボード
  • 120 mm、220 mm、および420 mmの長さのFPCケーブル
  • 焦点距離2.97〜12 mmの各種レンズおよびAllied Vision Sマウントレンズ

 

仕様

インタフェース MIPI CSI-2、最大4レーン
解像度 2592(H)×1944(V)
センサー ONセミAR0521
センサータイプ CMOS
シャッターモード ロールシャッター
センサーサイズ タイプ1 / 2.5
ピクセルサイズ 2.2 µm×2.2 µm
レンズマウント(利用可能) CSマウント、Cマウント、Sマウント
最大 フル解像度でのフレームレート 1〜4レーン、RAW8を使用した67 fps
ADC 10ビット
不揮発性メモリ(フラッシュ) 1024 KB

 

出力

ビット深度 最大 10ビット
YUVカラーピクセル形式 YUV422_10
RGBカラーピクセル形式 RGB888、BGR888
生のピクセル形式 RAW8(カラーまたはモノクロ)

 

動作条件/寸法

動作温度 +5°C〜+65°Cハウジング温度(ヒートシンク付き)
所要電力(DC) MIPI CSI-2経由の5 VDC
消費電力 標準:1.7 W | 最大 1.8 W(20°Cで)
質量 10 g(ベアボード)
本体寸法(L×W×H単位:mm) 7×26×26(ベアボード)
規則 2011/65 / EU、改正2015/863 / EU(RoHS)を含む。

 

特徴
画像制御/自動制御

  • 自動露出
  • オートゲイン
  • オートホワイトバランス


その他の画像コントロール

  • 黒レベル
  • 最大5×5のデバイヤリング(カラーモデル)
  • 露出時間
  • 利得
  • ガンマ


カメラ制御

  • ファームウェアの更新

 

波長感度特性グラフ