近赤外線カメラ Goldeye P-032
近赤外線カメラ Goldeye P-032
製品名称/型番 Goldeye P-032 SWIR (NIR-600)
メーカー名 Allied Vision Technologies社
類別/応用 赤外線カメラ・レンズ/近赤外(SWIR)
説明 640×508
30fps
ペルチェ冷却
カタログダウンロード    マニュアルダウンロード   
マニュアルのダウンロードには会員登録が必要となります。
商品についてのお問合せ

こちらのモデルは旧モデルとなります。後継機はGoldeye G008およびGoldeye G032 Coolとなります。

特長

  • ● 640(H)×508(V)ピクセル
  • ● InGaAsセンサ
  • ● ペルチェ冷却
  • ● センサ・サイズ 25×25μm
  • ● 感度波長900nm-1700nm (NIR)
  • ● 有効エリア 16.0 mm x 12.8 mm
  • ● 電子フル・フレーム・シャッタ
  • ● 露光時間 64μs~1s
  • ● プログレッシブ・スキャン
  • ● 14-Bitデジタルプロセシング、12-Bit出力
        (Camera Linkベースコンフィグレーションまたは
        1000Base-Tギガビットイーサネット)
  • ● フルウェル容量> 100000e
  • ● C-マウントまたはF-マウント
  • ● フレームレート30Hz
  • ● 電源 + 12V (SELV)
    最大 1.0 A, (最大 1.5 A 冷却時)
  • ● 環境温度 10° - 35°C
  • ● CE規格
  • ● ドイツ製

製品仕樣

 Goldeye P-032 は900 ~ 1700nm のNIR 領域に感度があるカメラです。このカメラは解像度640 x 508ピクセルのInGaAs センサ使用しています。

InGaAs センサは近赤外領域における感度が良く、均一性に優れており、強い入力光にもダメージを受け難いセンサとして広く高品質の近赤外線カメラに使用されています。

Goldeye P-032 は30 フレーム/ 秒のフレームレートで14bit のダイナミックレンジ(出力画像データは12bit)にてハイコントラストで低ノイズのイメージを伝送します。

また、カメラはプログレッシブスキャン方式ですので、全画素が同時に露光・出力を行います。

Goldeye P-032 のカメラ出力インターフェースはCameraLink とGigabit Ethernet の2 種類からご選択いただけます。

カメラにはペルチェ冷却機能が装備されています。長時間露出での用途、またはイメージ内での正確な温度測定などの応用にもご利用できます。

Goldeye P-008 SWIRはVDS Vosskühler社のNIR-300シリーズの後続機種です。

応用:

  • ● 近赤外領域のイメージング
  • ● 熱い対象物のサーマルイメージング
        (150°C~ 800℃の領域)
  • ● イメージング分光用途
  • ● レーザー光のプロファイリング
  • ● プラスチックの種分け
  • ● 半導体の検査
  • ● 水分または湿気の検知
  • ● 生物学またはメディカル応用
  • ● 監視力の強化

 

寸法:

 

 

TOP