Cheetah C5180
Cheetah C5180
製品名称/型番 Cheetah C5180
メーカー名 Imperx社
類別/応用 CCD・CMOSカメラ/工業用カメラ
説明 C5180はOn Semiconductor社の 4096 x 3072画素、 センササイズ4/3”のPytho NOIP1xx025KA CMOSセンサを搭載した25メガピクセルCMOSカメラです。特別に設計されたドライバーにより32fpsの高速フレームレートで動作し、Camera Link®, PoCL, USB3 Vision™ (U3V)、GigE Visions (GEV)の各インターフェースのモデルを用意しています。
 
商品についてのお問合せ

 C5180 25メガピクセルCMOSカメラ

C5180はOn Semiconductor社の  5120 x 5120画素、 センササイズAPS-HのPython NOIP1xx025KA CMOS センサを搭載した25メガピクセルCMOSカメラです。特別に設計されたドライバーにより32fpsの高速フレームレートで動作し、Camera Link®, PoCL, USB3 Vision™ (U3V)、GigE Visions (GEV)の各インターフェースのモデルを用意しています。

ImperxのCheetahシリーズは、マシンビジョンだけでなく、監視、偵察、航空宇宙、インテリジェント交通システム向けの、高性能グローバルシャッターCMOS製品ラインです。 Cheetahシリーズのカメラは、非常に高速のフレームレート、低ノイズ、優れた近赤外線感度を備えています。 カメラに付属のシンプルなグラフィカルユーザーインターフェイスを使用して簡単にプログラムすることができます。

特徴

  • プログラマブルストロボ
  • セレクタブルトリガーソース
  • サブサンプリング/ピクセルアベレージング
  • アナログ/デジタルゲイン調整
  • ビルトインパルスジェネレーター
  • 温度モニター
  • オートホワイトバランス
  • 欠陥ピクセル補正、ホットピクセル補正、フラットフィールド補正
  • 12-bit LUT×2、ガンマ0.45のLUT×1
  • フィールドアップグレードが可能なファームウェア

アプリケーション

  • メディカル・サイエンス
  • ミリタリー・宇宙
  • 交通管制・輸送
  • オートメーション・検査
  • エアリアルイメージング
  • フロードキャスト

file-pdfCheetah C5180スペックシート - Camera Link

file-pdfCheetah C5180スペックシート - USB3.0 Vision

file-pdfCheetah C5180スペックシート - GigE Vision

 

 

カメラ仕様

  仕様
解像度 5120 x 5120
センサー Python NOIP1XX025KA, CMOS カラー/モノクロ/ENIR
センサーフォーマット APS-H
ピクセルサイズ 4.5×4.5μm
フレームレート 32fps (CL)、 15fps (U3V)、8fps(GigEV)
データビット 10 bit
シャッター グローバルシャッター
ダイナミックレンジ 59 dB
オート露光/オートゲイン オプション対応可能
露光コントロール Off、内部、外部
ROI ROI×1
外部入出力 入力×2 (OPTO, LVTTL) / 出力×2 (OPTO, TTL)
寸法 72.0 mm (W) x 72.0 mm (H) x 33.8 mm (L)
重量 385 g (CL), 370 g (U3V)
消費電力 12VDC (5V – 30V), 0.51A typical
環境性能 動作温度:-40℃ ~ +85℃、 保管温度 - 50℃ ~ +90℃
MTBF >323,000時間 @ 40°C (Telcordia SR-332 Method 1)

 

 

 

TOP