可視・近赤外カメラ
可視・近赤外カメラ
製品名称/型番 Manta G-223 NIR
メーカー名
類別/応用 CCD・CMOSカメラ/工業用カメラ
説明 Manta G-223 NIRカメラはNIR領域の感度を高めたVNIRカメラです。CMOSIS CMV2000センサを採用し、通常の可視用のカメラでは見えない近赤外線領域の映像を鮮明に見ることが可能です。
 
商品についてのお問合せ

 

 

NIR感度強化型CCDカメラ

Manta G-223B NIR は、通常のCCDカメラではほとんど映し出すことができない近赤外線領域の波長に高い感度を持つ低価格のGigEインタフェイスCCDカメラです。
赤外線感度を高めたCMOSIS CMV2000センサを採用し、鮮明なNIR画像を撮影可能にするとともに、優れたアンチブルーミング性能を有しています。

  アプリケーション
   ● 可視・近赤外分光
   ● ITS/交通監視
   ● 顕微鏡応用
   ● メディカル(医療機関向け白色カメラボディーあり)
   ● マシンビジョン
   ● 近赤感度のON/OFF切り替えが要求される応用

 

MantaG-223 NIR 仕様

インタフェース

IEEE 802.3 1000baseT

解像度

2048 x 1088

センサ

CMOSIS CMV2000

センサタイプ

CMOS プログレッシブ

センササイズ

Type 2/3

ピクセルサイズ

5.5 µm

レンズマウント

C-Mount

最速フレームレート
@フルフレーム

50 fps

A/D

12 bit

オンボード FIFO

128 MB

出力データ

データビット

8-12 bit

モノクロモード

Mono8, Mono12, Mono12 packed

GPIO

フォトカプラ I/O

2×インプット、 2×アウトプット

RS-232

1

動作環境/寸法

動作温度

+5 °C ... +45 °C

入力電圧

8 V - 30 V

消費電力(12V)

2.2 W

重量

150 g

寸法

86.4 x 44 x 29 mm

規格

CE, FCC Class B, RoHS

 

 

 

 

 

TOP