FrameLink Express34
FrameLink Express34
製品名称/型番 VCE-CLEX02
メーカー名 Imperx社
類別/応用 画像取込・伝送機器/画像キャプチャーカード
説明 PCMCIAシリーズのVCE 及び FrameLinkの成功により、Imprex社は世界をリードするノートパソコンフレームグラバーの有名なサプライヤーになりました。この経験を生かして、FrameLink Express34を開発しました。FrameLink Express34は、カメラリンクをExpress/34搭載したラップトップPCで使用するために設計されました。最も高い品質要求のビジョンシステムに適用した高機能性、高性能性、高汎用性を提供します。FrameLink Express34は、ベース・コンフィグレーションカメラからの入力をキャプチャー可能な汎用性の高いフレームグラバーです。特徴として、フロースルー・パイプライン・アーキテクチャとインテリジェント・スキャッタ/ギャザー(Scatter/Gather)DMAエンジンにより、235MBytes/sオーバースループットが可能。ドライバー、アプリケーションプログラム、C/C++SDK等ソフトウェア一式は、カードと一緒に提供されます。
カタログダウンロード   
 
商品についてのお問合せ

 

★Express/34スロット搭載したノートパソコン

 カメラリンクフレームグラバー

★キャプチャーフレーム数、時間自由に設定可能

★SDKにより各メーカー画像処理ソフトと連携可能

 

ソフトウェア

Cameralink準拠したビデオソースからシングル、マルチフレーム、及び標準AVIクリップをキャプチャーすることができ、それぞれのフレームに、ユーザーメッセージー、日付及びタイムを書き込みすることが可能です。
全機能を直感的に操作できるシンプルなGUI

ドライバー: Win XP/2000/Vista/7, 32/64bit対応, DirectX, TWAIN, Labview, Matlab, Halcon
SDK: C/C++, COM, .NET, ActiveX サンプルソースコード付属

特徴

・ベース・コンフィグレーションカメラから の入力をキャプチャー可能
・Express/34スロット対応
・PCle x1 レーン 2.5Gpsバンド幅
・インテリジェント・スキャッタ/ギャザー(Scatter/Gather)DMA
・フロースルー・パイプライン・アーキテクチャ
・自動バッファ割り当て
・ホットプラグアンドプレイで挿入と取り外し可能
・ウィンドウのサイズ変更可能
・RGBの明るさ及びレベル調整可能、自動ホワイトバランス
・ベイヤー配列補間
・CCシグナルパルスジェネレイター内蔵
・シングル、複数フレーム及びAVIクリップをキャプチャー可能
・ノーマル及び遅延キャプチャー可能
・日付、時刻、テキストを挿入機能
・RAW, BMP, TIFF及びJPEGフォーマット対応
・DVRを制御可能な画像ビューア
・各種画像処理ソフトDirectX, TWAIN, Labview, Matlab, Halconと連携可能

ビデオソース

・ベース・コンフィグレーション1台入力
・ ミニカメラリンクコネクタ×1
・ ベース:24ビットビデオデータに加え、各チャンネルにストローブとクロック
・ ミディアム:48ビットビデオデータに加え、各チャンネルにストローブとクロック
・ 各チャンネルに4のカメラ・コントロール・ビット(CC1-CC4)
・ 各チャンネルに双方向シリアルインタフェースビデオフォーマット
・ ベース:1x8, 2x8, 3x8, 1x10, 2x10, 1x12, 2x12, 1x14, 1x16, 3x8(RGB24)
・ モノ、ベイヤーカラー及びRGBカラー

動作環境

気温: 0°C to 65°C
湿度: 90%以下(結露無きこと)

寸法

ExpressCard/34フォームファクター
寸法:108 x 34 x 18 mm
重量:35.9g

法令・規格

FCC 15 part B, CE, RoHS

関連商品


Cameralinkケーブル種類
コネクタA
コネクタB
型名
耐屈曲ミニ-ミニケーブル
ミニ(SDR/DHR)オス
ミニ(SDR/DHR)オス
耐屈曲ミニー標準ケーブル
ミニ(SDR/DHR)オス
標準(DMR)オス
耐屈曲、PoCL対応 ミニ-ミニケーブル
ミニ(SDR/DHR)オス
ミニ(SDR/DHR)オス
耐屈曲、PoCL対応 ミニー標準ケーブル
ミニ(SDR/DHR)オス
標準(DMR)オス

 

TOP