高速・大容量記録装置-DVR Express Core
高速・大容量記録装置-DVR Express Core
製品名称/型番 DVR Express Core
メーカー名 IO Industries社
類別/応用 画像取込・伝送機器/画像・映像記録装置
説明 DVR Express Core は広く普及している標準ビデオソースからの映像をリアルタイムに非圧縮で記録できるポータブル・フレーム・レコーダ。180MB/sでの高速記録が可能で取り外しも簡単に行えるソリッドステートドライブを最大2TB搭載し、コマ落ちなく、非圧縮での記録ができる。インタフェイスはCameraLink、GigE、3G-HD/SD-SDI、NTSC、PAL、S-Videoから選択可能。収集したデータは、3Gb eSATAポートからコンピュータに高速転送が可能。
カタログダウンロード   
 
商品についてのお問合せ

ポータブルDVR

DVR Express® Coreは一般的に広く普及している標準ビデオソースからの映像を記録できる、持ち運び可能な最進型のデジタル画像・映像記録装置です。DVR Express® Coreは、簡単に持ち運べサイズですので、様々な場所でのデータ取得が簡単に行えます。収集したデータは、3Gb eSATAポートを使ってコンピュータに速く、そして、簡単にダウンロードすることができます。また、DVR Express® Coreの2.5インチのソリッドステートドライブは簡単に外して解析のためにパソコンに取り付けることが可能です。

全てのDVR Express® Coreは各ビデオ信号の規格が定める最大データレートで非圧縮、フレームドロップ無しでの記録が可能です。ビデオの各フレームにはマイクロ秒の精度でタイムスタンプが記録されます。リモートコンピュータのタイムクロックと同期するDVR Express® Coreの内部タイマーはIRIG-B や GPSレシーバとの同期を容易にします。DVR Express® CoreのRAIDストレージエンジンはデータをロスすることなくほぞんします。

DVR Express® Coreはラップトップ、ワークステーション、ハンドヘルドコンピュータに接続してリモートコントロール可能です。付属のCoreView™ソフトウェアを使用することにより、ユーザーはリモートコンピュータでDVR Express® Coreを操作したり、記録した映像を見ることができます。また、記録と同時にライブ画像の表示、出力を同時に行うことも可能です。

DVR Express® Coreにホストコンピュータや他の機器を接続するのはとても簡単です。また、DVR Express® Coreは14-34V DC の電圧で動作し、消費電力は25Wでとても低消費電力ですので、電源が確保しづらい自動車や飛行機などの移動体への搭載も容易です。トリガI/Oは外部機器を接続するリアルタイムインターフェイスとしてTTLとLVDS入出力があります。

ハードウェアによる高精度なビデオフレームタイムスタンプ、FPGAベースの入出力ハードウェアトリガタイミング制御と、高度の時間最適ライブビデオ鑑賞するためのオンボードビデオバッファの機能が含まれます。

製品特徴

• ソリッド・ステート・ドライブへの非圧縮録画
• 外部接続コンピュータからの遠隔操作
• RAIDによるデータの無欠損保存
• 低消費電力(25W)、軽量ボディー(1.4kg)
• 頑丈なアルミニゥム筐体

          

モデル

DVR Express Core
Camera Link Base

• 入力:Camera Link Base×2
• 最大入力クロック: 85MHz
• 対応画像データ:モノクロ(8~16 bits)、カラー (Bayer、RGB)

DVR Express Core
Camera Link Full

• 入力: Camera Link Full×1 または Medium×1、または Camera Link Base×2
• 最大入力クロック: 85MHz
• 対応画像データ:モノクロ(8~16 bits)、カラー (Bayer、RGB)

DVR Express® Core
GigE Vision™

• 入力: GigE Vision™ ×2
• GenICam™ 準拠カメラに対応

DVR Express® Core
3G-SDI

• 入力:3G/HD/SD-SDI×2
• SMPTE標準: 425M, 260M, 259M, 274M, 296M, 125M
1080p, 1080i, 720p, 720i, 480p, 480i解像度
• Contact IO Industries about SMTPE audio and other standards

DVR Express® Core
S-Video

• (4) 入力: アナログS-Video

DVR Express® Core
NTSC/PAL

• 入力:アナログコンポジット×4
• NTSC、 PALに対応

 

全モデル共通仕様

リモートコンピュータに接続可能: 3Gb eSATA
トリガ入力 / 出力: (6) 双方向 TTL ライン, (2)入力 / 出力, (1) RS-232
タイムスタンプ: ハードウェアタイムコードジェネレータによる全フレームへのタイムスタンプ
同期:タイムコードジェネレータは外部に接続した IRIG, GPS などに同期可能
コントロールソフトウェア: IO Industries CoreView™, CoreSDK™, 及び Streams™ 5 (Windows XP/Vista 32/64 bit)

記録装置

• リムーバブル ドライブシャトル
• 2.5インチ ソリッド ステート ドライブ(最大4基)
• RAID (レベル 0, 1, 0+1, 3)

メカニカル特性 (* モデル、記録容量により異なる)

寸法: 320 x 165 x 50 mm (12.6 x 6.5 x 2")
重量:1.4 kg* (3.1 lbs)
ケース:アルミニゥム
電源:14-34 V DC, 25W *

 

画像サイズと記録時間

 解像度  フレームレート / 録画時間(時間:分)
Hor. Vert. 8bit/pixel 10bit/pixel
2048 2048  168 fps / 0:48 135 fps / 0:47
2048 2048  60 fps /2:15  135 fps / 1:47
2048 1080  321 fps / 0:48 245 fps / 0:50
2048 1080  60 fps / 4:15 60 fps / 3:24
1920 1080  337 fps / 0:48 274 fps / 0:47
1920 1080  60 fps / 4:32 60 fps / 3:37
1280 720  500 fps / 1:13 417 fps / 1:10
1280 720  120 fps / 5:06 120 fps / 4:04
1024 1024  355 fps / 1:30 295 fps / 1:27
1024 768  471 fps / 1:31 391 fps / 1:28
800 600  597 fps / 1:58 497 fps / 1:53
720 480  740 fps / 2:12 616 fps / 2:06
720 480  200 fps / 8:09 200 fps / 6:31
640 480  740 fps / 2:28 616 fps / 2:23
640 360  972 fps / 2:31 810 fps / 2:25
512 512  695 fps / 3:05 579 fps / 2:58
480 360  972 fps / 3:20 810 fps / 3:13
320 240  1417 fps / 5:09 1181 fps / 4:57
256 256  1335 fps / 6:24 1113 fps /6:10
256 128  2473 fps / 6:54 2064 fps/ 6:46
256 16 9704fps/ 12:43 8151 fps/12:23

 

応用装置:マルチカメラDVRシステム

- 1システムに最大40台のDVR Express Coreを接続できます。
- 1台のPCでコントロール可能です。
- インタフェイスの異なるカメラを1つのシステムの中で使用できます。

 

TOP